アルファード ハイブリッドカー

ハイブリッドカー情報室です。
こんにちは。


東国原熊本知事が、公用車をハイブリッドカーに
変えたました。
それに連動するように、鹿児島市長も
公用車をハイブリッド車にするようです。

ハイブリッドカーは、アルファードハイブリッドのようです。

鹿児島市では様々な環境政策を打ち出していますが、
市長の黒塗りの公用車もきょうから電気とガソリンで走る
ハイブリッド車に変わりました。

新しい公用車はアルファードハイブリッドで、
森市長は、きょうはじめて新しい公用車で登庁しました。

これまでのセンチュリーは価格が1000万円近くしましたが、
今回のアルファードハイブリッドはその半分以下のおよそ470万円、
燃費もこれまでのリッター4.4キロからおよそ4倍にあたる17.2キロに向上し、
排気ガスも少ないなど、コストと環境の両面で効果を発揮しそうです。

なおこれまでの公用車のセンチュリーは、近く競売にかけられるということです。
(MBCニュースより引用)


公用車は税金で走っているわけだし
経費削減はいいことだと思います。

ハイブリッドカー情報室

ハイブリッドカーについてです。
アルファードハイブリッドカーは、エスティマに次ぎまして2番目の
ミニバンハイブリッドカーとして2003年7月にデビューしました。


そのアルファードハイブリッドカーの特徴ですが、停止時にはエンジンが停止します。
そしてアクセルを少し踏むと前と後のモーターで発進します。
かなりの低速走行時は、そのままモーターだけの走行も可能です。
さらに、アクセルを踏み込めばすぐにエンジンが始動して
3つの動力で加速を行なうのです。


通常の走行ではエンジン主体のFF車ですが、
状況によりフロントモーターはバッテリーに電気を蓄えます。
またスリップを感知すると後輪のモーターが働き4WDとなります。
減速する時は、前と後のモーターが回生発電をして、バッテリーに充電。

こうした緻密な制御でアルファード ハイブリッド
10・15モードで17.2km/lという低燃費を実現しているわけです。

*10・15モードとは、10種類の走行パターンを仮定したテストを3回行い、
その後15の走行パターンのテストを1 回加えたテストの結果をもとにした
燃費表示のことです。
10モードは市街地に近い感じの走行パターンで
15モードの方は、郊外で条件のいい道を走行したときを想定したパターンです。

■全長×全幅×全高
4840×1805×1935 (mm)
■エンジン型式 2AZ-FXE
■種類 水冷直列4気筒DOHC
■排気量 2362 (cc)
■最高出力 131 (ps)
■最大トルク 19.4 (kg-m)
■使用燃料 無鉛レギュラーガソリン


ハイブリッドカー情報室
クラウンハイブリッド
クラウンハイブリッド
プライバシーポリシー
当サイトでは、ユーザーがページをご覧になる際 ユーザーに関する情報を自動的に取得することがあります。 取得するユーザー情報は、広告が配信される過程において クッキーやウェブビーコンなどを用いて収集されることがあります。 当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集されるものであり、 それ以外の用途には使用することはありません。 ユーザーは、プライバシー保護のため、クッキーの取得を拒否することが できます。 クッキーの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する設定を行ってください。
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site