トップページ自動車関連ニュース日産 NEC環境対応車電池で新会社

あがり症・赤面症を自宅で克服し、人前で堂々と話ができる15の実践テクニック大公開
詳細は、⇒⇒あがり症克服プログラム


自動車関連ニュース

日産とNECが、ハイブリッド車や燃料電池車などの環境対応車に
搭載する自動車用電池事業で提携するようです。

日産とNECが新会社を設立して共同開発するのは
自動車用の次世代技術として有力なリチウムイオン電池。
2010年までに生産・販売の計画のようです。

環境対応車用の電池では、トヨタ自動車と松下電器産業の
合弁会社「パナソニックEVエナジー」と三洋電機が先行しております。

日産は2010年自社開発のハイブリッドカー投入計画を発表しました。
日産 ハイブリッドカー計画
環境対応車電池でもNECと組むことで、環境対応車の開発競争で反撃でます。


自動車用電池
ガソリン車の場合の鉛蓄電池は、エンジン始動用モーターを回す電気などを
蓄電します。
一方ハイブリッドカーなどでは、走行用モーターを回す電気を
蓄電することになりますので、高い出力が必要になるわけです。

トヨタ「プリウス」はニッケル水素電池を使っています。
今回、日産とNECが共同開発するリチウムイオン電池は
ニッケル水素電池と比較して、寿命や加速性能は高いです。
しかし問題なのは、コストが高いこと。
そして、パソコン用などで発火問題が起こったことなどがあります。

今後は、環境対応車の電子化も進み販売台数も増える見通しから
電機各社は自動車分野をデジタル家電に次ぐものにしたい考えのようです。

ハイブリッドカー情報室 

ハイブリッド、トヨタ
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
クラウンハイブリッド
クラウンハイブリッド
プライバシーポリシー
当サイトでは、ユーザーがページをご覧になる際 ユーザーに関する情報を自動的に取得することがあります。 取得するユーザー情報は、広告が配信される過程において クッキーやウェブビーコンなどを用いて収集されることがあります。 当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集されるものであり、 それ以外の用途には使用することはありません。 ユーザーは、プライバシー保護のため、クッキーの取得を拒否することが できます。 クッキーの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する設定を行ってください。
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site