自動車保険

自動車の任意保険では通販型が大変な人気を呼んでいます。
以前は、自動車保険の代理店が仲介して加入するケースが多くありました。

通販型は、いわゆるダイレクト型ともいわれていいます。
保険会社と直接契約を結ぶタイプの保険です。
その分、費用を安く抑えてお得な任意保険の契約を結べます。

ただ、保険料が安い一方で、気になるのはいざという時の対応力。
事故後の対応はもちろんのこと、事故をおこした現場で
どのような事故対応サービスが受けられるのか?
この点も大きなポイントとなってきます。
詳しい通販型保険の事故対応力はこちら

事故はそう頻繁に起こるものではありません。
自動車での事故の場合は、被害・加害の双方供に
大きなダメージとなる場合が多くあります。
そうなれば、現場でどのように対応するべきか非常に難しく、
個人では、まったく身動きが取れないこともよくあるのです。

そうした時の事故対応サービスは、内容が厚ければ厚いほど安心。
通販型の任意保険の場合は、個々の会社やプランにより異なりますが、
事故現場でのアドバイス・ロードサービスの手配
レンタカーやレッカーの手配・修理工場の案内・事故急行サービスなどの
保証を挙げているケースが多くあります。

それ以外の事故対応サービスでは、事故による宿泊費や交通費の保証・
GPS事故報告・現場で事故相手との通話などと様々あります。
何を求めたいのか、を考え会社やプランを選択すると良いでしょう。

プリウス ハイブリッドカー

トヨタは、「プリウス」などのハイブリッドカーで
ブレーキに不具合があったとして
リコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出ました。


リコールの対象となるハイブリッドカーは
2009年5月に発売された「プリウスの3代目モデル」
「SAI(サイ)」「レクサスHS250h」「プリウス プラグインハイブリッド」。

プリウスの3代目モデルについては
2010年1月27日までに製造された車が対象。
1月28日以降に生産された車については
すでに改善され販売されていますから、修理の必要はありません。

「SAI(サイ)」「レクサスHS250h」は、2月8日
「プラグインハイブリプリッド」は、2月5日以前の車が対象です。


どこに不具合があるのかというと
タイヤの横滑りを防止するアンチロック・ブレーキ・システム
(ABS)の制御プログラムです。

凍結している路面などでアンチロック・ブレーキ・システムが
作動すると、ブレーキの利きが瞬間的に遅れることがあるというのです。


修理時間は、不具合の原因となったアンチロック・ブレーキ・システムの
電子制御プログラムを修正する作業に、約40分かかるらしい。


クラウンハイブリッド
クラウンハイブリッド
プライバシーポリシー
当サイトでは、ユーザーがページをご覧になる際 ユーザーに関する情報を自動的に取得することがあります。 取得するユーザー情報は、広告が配信される過程において クッキーやウェブビーコンなどを用いて収集されることがあります。 当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集されるものであり、 それ以外の用途には使用することはありません。 ユーザーは、プライバシー保護のため、クッキーの取得を拒否することが できます。 クッキーの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する設定を行ってください。
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site